FINAL FANTASY XIV: Heavensward
FF14 ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド 攻略&データまとめ

クエストアイコン パッチ4.0「紅蓮のリベレーター」は2017年6月20日公開予定です!

斧術士/戦士 アクションスキル一覧

パッチ3.2変更点
ディフェンダーの敵視上昇効果が引き上げられます。

  • ヘヴィスウィング Lv1
    ウェポンスキル 消費TP 70

    対象に物理攻撃。 威力:150

    コンボの起点でこの後スカルサンダー、メイムに繋ぐことができます。

  • フォーサイト Lv2
    アビリティ RecastTime 90s

    対象に物理攻撃 威力:150

    Lv14の特性でリキャストが120秒→90秒に短縮されます。
    物理攻撃のダメージを軽減することができるので、リキャスト毎に使っていきましょう。

  • スカルサンダー Lv4
    ウェポンスキル 消費TP 60

    対象に物理攻撃。 威力:100
    追加効果:敵視アップ
    コンボ条件:ヘヴィスウィング コンボ時威力:200
    ディフェンダー時コンボボーナス:自身に「ラース」を付与する
    効果時間:30秒
    デストロイヤー時コンボボーナス:自身に「アバンドン」を付与する 効果時間:30秒

    敵視アップ効果がついたWSです。
    へヴィスウィングからコンボで使うと威力が上がるので、コンボで使うようにします。

  • フラクチャー Lv6
    ウェポンスキル 消費TP 80

    対象に物理攻撃。 威力:100
    追加効果:対象に継続ダメージを付与する
    威力:20 効果時間:18秒

    Lv28特性で効果時間が18秒→30秒に伸びます。発動時威力100、継続ダメージが20×6で計威力220の攻撃です。
    レベル28からは継続ダメージが20×10で計威力300になります。
    雑魚戦では効果時間の関係から、あまり使いませんが、ボス戦では積極的に使っていきたいWSです。

  • ブラッドバス Lv8
    アビリティ RecastTime 90s

    一定時間、自身の物理攻撃に、与ダメージの25%分のHPを吸収する効果を付与する。
    効果時間:30秒

    Lv20特性で効果時間が15秒→30秒に増えます。
    リキャスト90秒とそこそこの頻度で使え、Lv20からは効果時間も30秒になるので、使える時は使っていきましょう。
    与ダメージが影響するのでメイムやバーサクで攻撃力を上げてから使ったり、範囲攻撃に合わせて使うと効果的です。
    フラクチャーの継続ダメージには吸収する効果はつきません。

  • ブルータルスウィング Lv10
    アビリティ RecastTime 20s

    対象に物理攻撃。 威力:100
    追加効果:対象をスタンさせる 効果時間:5秒

    Lv32の特性で効果時間が3秒から5秒に延長します。
    リキャストが20秒と短いので、スタンで止めたい技が来ない敵であればリキャスト毎に使っていきたいアビリティです。
    スタン効果があるので、敵の詠唱中に使って詠唱を中断させることができます。
    同じ敵に対して使った場合、2回目は効果時間が半減、3回目は更に半減、そして4回目はレジスト(効果なし)となる点に注意しましょう。
    3回目のスタンから約1分経過すると再びスタンが入るようになります。

  • オーバーパワー Lv12
    ウェポンスキル 消費TP 130

    対象に向かって前方扇範囲物理攻撃。 威力:120
    追加効果:敵視アップ

    前方扇範囲の攻撃で、ダメージ5倍の敵視アップ効果があります。
    距離8mと結構遠くまで届きますが、真横や後ろには当たりません。
    うまく前方に敵をまとめるのが重要になります。
    バーサクと併用すると敵視を十分に稼ぐことができます。
    コンボの途中で使うと、コンボが途切れてしまうため、使うタイミングは戦闘開始直後が主になります。

  • トマホーク Lv15
    ウェポンスキル 消費TP 120

    対象に遠隔物理攻撃。 威力:130
    追加効果:敵視アップ

    クエストで習得できるのでLv15になったら忘れずにクエストを完了しておきましょう。
    遠くまで届き、ダメージ3倍の敵視アップ効果があります。
    戦闘開始時に使うことが多いです。頻繁には使いません。
    剣術士のアディショナルアクション、「挑発」直後にも使えます。

  • メイム Lv18
    ウェポンスキル 消費TP 60

    対象に物理攻撃。 威力:100
    コンボ条件:ヘヴィスウィング コンボ時威力:190
    コンボボーナス:自身の与ダメージを20%上昇させる 効果時間:24秒
    ディフェンダー時コンボボーナス:自身に「ラース」を付与する
    効果時間:30秒
    デストロイヤー時コンボボーナス:自身に「アバンドン」を付与する 効果時間:30秒

    Lv48の特性で効果時間が18秒→24秒に伸びます。
    自身の攻撃力が上がるので積極的に当てていきたいWSです。
    スカルサンダーと違い敵視アップはないので、使い分けが重要になってきます。
    また、このあとシュトルムヴィント、シュトルムブレハにコンボすることができます。

  • バーサク Lv22
    アビリティ RecastTime 90s

    自身の物理攻撃力を50%上昇させる。 効果時間:20秒
    効果終了時に自身に「WS不可」を付与する。 効果時間:5秒
    ディフェンダー時追加効果:自身に「ラース」を付与する。
    効果時間:30秒
    デストロイヤー時追加効果:自身に「アバンドン」を付与する
    効果時間:30秒

    攻撃力が上がるので、敵視が稼ぎやすくなります。
    リキャストも90秒と使える時は使っていきたいアビリティです。
    WS不可のデメリットは、アディショナルでフラッシュをつけてフォローしましょう。
    自身にラースを付与するので、ラース4の時に使ったり、移動中ギリギリでラースの効果が切れそうな時に延長させるのにも使えます。

  • マーシーストローク Lv26
    アビリティ RecastTime 40s

    対象に物理攻撃。 威力:200
    この攻撃によってトドメを刺すと、自身のHPを最大HPの20%分回復する。
    発動条件:対象のHPが20%以下

    Lv40の特性でリキャストが90秒→40秒に短縮します。
    アビリティでコンボの邪魔をしないので、使える時は積極的に使っていきたいアクションです。
    トドメを刺した場合の効果は魅力的ですが、狙って決めるのは難しいです。
    余らせても勿体ないので、ダメージ目的で敵のHPが20%を切ったらすぐ使っていきましょう。

  • ボーラアクス Lv30
    ウェポンスキル 消費TP 60

    対象に物理攻撃。 威力:100
    追加効果:敵視アップ
    コンボ条件:スカルサンダー コンボ時威力:280
    ディフェンダー時コンボボーナス:自身に「ラース」を付与する
    効果時間:30秒
    デストロイヤー時コンボボーナス:自身に「アバンドン」を付与する 効果時間:30秒

    単体への敵視アップ効果が高く、一度決めればそうそう敵視が取られることはありません。
    敵視を稼ぎたい時はこちらを、敵視が十分な時や、ST(サブタンク)の時はメイムからのコンボと使い分けます。

  • ディフェンダー Lv30
    アビリティ RecastTime 10s

    自身の最大HPを25%、受ける回復魔法の効果を20%上昇させ、かつ自身への敵視を上昇させる代わりに、自身の与ダメージを25%減少させる。
    さらに、自身の命中率を5%上昇させる。
    再使用で解除する。 効果時間:永続
    効果中に特定アクションを使用すると「ラース」の効果を得る。
    ラース効果:自身の受け流し発動率を2%上昇させる。最大5スタックする。
    「ディフェンダー」を解除した場合、自身に付与されている「ラース」は即座に消える。
    「デストロイヤー」とは同時に使えない。
    「デストロイヤー」に切り替えた場合、付与されていた「ラース」と同じスタック数の「アバンドン」を得る。
    リキャストタイマーを「デストロイヤー」と共有する。

    HPと受ける回復魔法の効果が上昇し、アクションやオートアタックの敵視が2倍に上昇します。
    また、ディフェンダー効果中はラースが付与されるようになり、この使い方が戦士の重要なアクションになってきます。
    ST時は使わないようにしましょう。

  • スリル・オブ・バトル Lv34
    アビリティ RecastTime 120s

    一定時間、自身の最大HPを20%上昇させる。
    実行した時点での最大HPの10%分のHPを回復する。
    効果時間:20秒
    Lv44特性:スリル・オブ・バトルの最大HP上昇効果を20%に上昇する。

    Lv44の特性で10%→20%に強化されます。
    最大HPが増え、増えた分のHPも回復してくれます。
    リキャストも2分なので、雑魚戦でも使っていきましょう。
    大ダメージを受けたらコンバレセンスと合わせて使うのもおすすめです。

  • 原初の魂 Lv35
    ウェポンスキル 消費TP 0

    対象に物理攻撃。威力:300
    この攻撃はディフェンダーの与ダメージ減少ペナルティを無視する。
    追加効果:与ダメージの100%分のHPを吸収する
    追加効果:自身の被ダメージを20%軽減させる 効果時間:6秒
    実行時に「ラース」の効果が切れる。発動条件:「ラースV」効果中

    ラースV効果中のみ使用できる高威力の攻撃アクションで、HP吸収、6秒間被ダメージ軽減の効果があります。
    ラース効果中のアクションの中では、単体向きの性能です。
    コンボの途中で使っても、コンボが途切れることはありません。
    被ダメージ軽減がわずか6秒なので、敵の強力な攻撃にうまく合わせて使うのは難しいですが、重要になります。

  • シュトルムヴィント Lv38
    ウェポンスキル 消費TP 60

    対象に物理攻撃。 威力:100
    コンボ条件:メイム コンボ時威力:250
    コンボボーナス:与ダメージの50%分のHPを吸収する
    コンボボーナス:対象の与ダメージを10%減少させる 効果時間:20秒
    ディフェンダー時コンボボーナス:自身に「ラース」を付与する
    効果時間:30秒
    デストロイヤー時コンボボーナス:自身に「アバンドン」を付与する 効果時間:30秒

    メイムの後に繋げるWSで、対象の与ダメージを10%減少させる効果があります。
    この効果は自身の被ダメージを減らすだけでなく、全体攻撃など、他のメンバーへのダメージも減らすことができるため強力です。
    敵視アップはないので、戦闘開始直後や雑魚戦では使いにくいです。
    ボーラアクスのコンボ後こちらのコンボを使うと、安定して被ダメージを減らすことができます。

  • アンチェインド Lv40
    アビリティ RecastTime 120s

    一定時間、自身のディフェンダー時の与ダメージ減少ペナルティを無効化する。 効果時間:20秒
    効果時間中にディフェンダーが解除されると、自身に付与されている「アンチェインド」は即座に消える。
    実行時に「ラース」の効果が切れる。
    発動条件:「ラースV」効果中

    ラースV効果中のみ使用できるアクションで、原初の魂と違いアビリティとなっています。
    20秒間、与ダメージ減少ペナルティが解除されるので、攻撃力を上げる他、敵視アップやブラッドバスの吸収量アップが期待できます。
    リキャスト2分なので、こちらが使える時は優先して使っていき、リキャスト中の時は原初の魂やスチールサイクロンと使いわけましょう。

  • ホルムギャング Lv42
    アビリティ RecastTime 180s

    対象を引き寄せ、自身と対象の移動を封じる。 効果時間:6秒
    効果時間中、自身は一部を除くすべての攻撃に対してHPが1より減ることがなくなる。

    効果は6秒と短いですが、HPが1より減らない、つまり死ぬことがなくなる無敵技です。
    次の攻撃は耐えられない、というタイミングで使っておくアビリティです。
    また、移動を封じる効果があり、敵の真後ろから使うと6秒間ですが攻撃されなくなります。
    ノックバックに合わせて使うのも有効で吹き飛ばし攻撃を無効化することができます。
    自分も動けなくなるため、敵の範囲攻撃が避けられなくなるなど、なかなか使いどころが難しいアビリティです。

  • スチールサイクロン Lv45
    ウェポンスキル 消費TP 0

    自身の周囲の敵に範囲物理攻撃。 威力:200
    この攻撃はディフェンダーの与ダメージ減少ペナルティを無視する。
    追加効果:敵視アップ
    実行時に「ラース」の効果が切れる。 発動条件:「ラースV」効果中

    ラースV効果中のみ使用できるアクションで、周囲への範囲攻撃になります。
    距離は5mなので、剣術士のフラッシュと同じ範囲への攻撃です。
    ディフェンダーの与ダメージ減少を無視するうえに、威力が高いので敵視を集めやすいです。
    コンボの途中で使っても、コンボが途切れることはありません。
    アンチェインドが使えるときはそれを、敵が単体であれば原初の魂を、複数の時はスチールサイクロンといった感じで使い分けていきましょう。
    勿論ボス戦で原初の魂を当てるタイミングが決まっている時は、ラースVのまま戦うこともあります。

  • ヴェンジェンス Lv46
    アビリティ RecastTime 120s

    一定時間、自身の被ダメージを30%軽減させ、かつ自身が物理攻撃を受けた場合に、反撃ダメージを与える。
    威力:50 効果時間:15秒
    ディフェンダー時追加効果:自身に「ラース」を付与する
    効果時間:30秒
    デストロイヤー時追加効果:自身に「アバンドン」を付与する 効果時間:30秒

    直接被ダメージを抑えるアクションで、効果が被ダメージ30%軽減と大きいです。
    またリキャストが2分なので、それなりの頻度で使っていけます。
    敵の強力な攻撃に合わせてヴェンジェンス→原初の魂とタイミングよく使えると、効果的です。

  • シュトルムブレハ Lv50
    ウェポンスキル 消費TP 60

    対象に物理攻撃。 威力:100
    コンボ条件:メイム コンボ時威力:270
    コンボボーナス:対象の斬耐性を10%減少させる。
    また、対象が受ける回復魔法の効果を20%減少させる。 効果時間:20秒
    双剣士の舞踏刃の追加効果とは同時に付与されない。
    ※PvPエリアでは回復魔法の効果量減少効果は付与されない。
    ディフェンダー時コンボボーナス:自身に「ラース」を付与する
    効果時間:30秒
    デストロイヤー時コンボボーナス:自身に「アバンドン」を付与する 効果時間:30秒

    メイムからのコンボで使うWSで、敵の斬耐性を10%減少させる効果があります。
    斬耐性なので、戦士だけでなくナイトや暗黒騎士、忍者にも効果があります。
    ボーラアクスのコンボを一度いれればある程度敵視は安定するのでとシュトルムヴィントのコンボとシュトルムブレハのコンボを交互に入れていきたいところです。
    STを担当するときは積極的に使っていきましょう。

  • ウォークライ Lv50
    アビリティ RecastTime 60s

    自身に「ラースV」を付与する。
    発動条件:「ディフェンダー」効果中
    自身に「アバンドンV」を付与する。
    発動条件:「デストロイヤー」効果中

    自身に「ラースV」が付与されるアビリティで、リキャスト60秒と早いため使える時は使っていくべきアビリティです。
    デストロイヤー効果中は「アバンドンV」が付与されます。

  • デストロイヤー Lv52
    アビリティ RecastTime 10s

    自身の与ダメージを5%上昇させる。
    再使用で解除する。 効果時間:永続
    効果中に特定アクションを使用すると「アバンドン」の効果を得る。
    アバンドン効果:自身のクリティカル発動率を2%上昇させる。最大5スタックする。
    「デストロイヤー」を解除した場合、自身に付与されている「アバンドン」は即座に消える。
    「ディフェンダー」とは同時に使えない。
    「ディフェンダー」に切り替えた場合、付与されていた「アバンドン」と同じスタック数の「ラース」を得る。
    リキャストタイマーを「ディフェンダー」と共有する。

    ディフェンダーと対となるアビリティで、主にソロやST時に使います。
    敵の攻撃に余裕があるならターゲットを取っているときでも使っても構いませんが、ヒーラーの負担が増える点には気を使いましょう。

  • フェルクリーヴ Lv54
    ウェポンスキル 消費TP 0

    対象に物理攻撃。 威力:500
    実行時に「アバンドン」の効果が切れる。
    発動条件:「アバンドンV」効果中

    威力の高いウェポンスキルで「バーサク」や「ウォークライ」と併用することで高い火力を発揮できます。
    MT時も一時的に「デストロイヤー」に切り替えて使うのも有効です。その際、10秒は戻せない点に注意しましょう。

  • 原初の直感 Lv56
    アビリティ RecastTime 90s

    一定時間、自身が正面から受ける物理攻撃を必ず受け流す。ただし、正面以外から攻撃を受けた場合はその攻撃がクリティカルヒットする。 効果時間:20秒
    ディフェンダー時追加効果:自身に「ラース」を付与する
    効果時間:30秒
    デストロイヤー時追加効果:自身に「アバンドン」を付与する
    効果時間:30秒

    受け流すことで被ダメージを減らすことができますが、正面以外からはクリティカルを受けてしまうというデメリットもあります。
    このデメリットは剣術士のアディショナルアクション、「アウェアネス」を使うことで打ち消すことができます。
    特に敵が複数いるときは側面から攻撃を受けやすいため、使う場合は必ず「アウェアネス」と一緒に使うようにしましょう。
    敵が複数だと正面以外は結局軽減できないので、やはり単体ボス相手が使いやすいです。

  • エクリブリウム Lv58
    アビリティ RecastTime 60s

    自身のHPを回復する。 回復力:1200
    発動条件:「ディフェンダー」効果中
    自身のTPを200回復する。
    発動条件:「デストロイヤー」効果中

    ディフェンダーとデストロイヤー、どちらを使っているかで効果の変わるアクションです。
    特にディフェンダー効果中のHP回復が強力です。
    「バーサク」効果中だと更に回復量が増えます。
    リキャスト1分のためある程度減ったらすぐに使うことで2回目3回目を早く使えるようになります。

  • デシメート Lv60
    ウェポンスキル 消費TP 0

    自身の周囲の敵に範囲物理攻撃 威力:280
    実行時に「アバンドン」の効果が切れる。
    発動条件:「アバンドンV」効果中

    デストロイヤー中に複数の敵を相手にすることは稀なのであまり使いどころのないアクションです。
    2体以上いる時に使う場合はこちらの方が威力は上になります。
    8人コンテンツでMTが敵をすべて受け持つ時などに使います。

ガイド 斧術士/戦士 アディショナル 戦士 タンク装備一覧 アイテムレベル50以上の装備 序盤の進め方 クラス/ジョブ 斧術士/戦士 採掘師のレベル上げ アラガントームストーン アディショナルアクション 竜騎士
お気に入りページ
掲示板
人気のページ
パッチ3.5コンテンツ
パッチ3.4コンテンツ
掲示板
パッチ3.3コンテンツ
パッチ3.2コンテンツ
パッチ3.1コンテンツ
蒼天のイシュガルド(3.0)
パッチ2.5コンテンツ
パッチ2.4コンテンツ
パッチ2.3コンテンツ
初心者向け
ガイド
クラス/ジョブ
アクション一覧
アディショナルアクション
ダンジョン
レイドダンジョン
討伐・討滅戦
装備一覧
クラフター
クラフターのレベル上げ
ギャザラー
製作手帳
パッチ情報
その他
関連
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
compilation games ark. archive and reference knowledge.